面倒くさいムダ毛の処理、まだカミソリですか?
脱毛サロンに行った事がない人もある人も必見!お手頃価格の優良サロンをご紹介。
今、みんなに人気の脱毛サロンをランキング形式で詳しく比較しました。
優良脱毛サロンであなたの肌も今すぐすべすべです!!

トップページ > 専門用語集

専門用語集

脱毛に関する専門用語には、ちょっと分かり難い用語もあります。とくに初めての人には聞いた事の無い言葉もあるでしょう。
このページでは、脱毛初心者には分かり難いであろう専門用語やよく使われる言葉を中心に解説してみたいと思います。
脱毛の部位についての説明は、こちらをご覧ください。


自己処理

脱毛サロンなどに通わずに自分でカミソリなどを使って処理を行うことです。カミソリだけでなく、脱毛クリームや毛抜きなどを使う場合もあります。
自己処理は肌へのダメージも大きく部位によっては危ない為、近年は脱毛サロンに通う方が増えています。

光脱毛

脱毛する部分に光を瞬間的に当てる脱毛法です。フラッシュ脱毛とも呼ばれています。
毛のメラニン色素(黒色)に反応して照射します。比較的安価なので、現在多くの脱毛サロンで使用されている脱毛法になります。トラブルも少なく、処理も簡単なため、人気の脱毛法ですが、複数回施術しなければいけません。IPL脱毛やSSC脱毛も光脱毛に入ります。

レーザー脱毛

脱毛する部分にレーザーを当てる脱毛法です。レーザーは毛のメラニン色素(黒色)に反応して照射ます。光脱毛よりも強力なので、多少の痛みがあります。
レーザー脱毛は、医療機関でのみ施術が許可されています。強力なので少ない施術回数で脱毛できます。光脱毛と比べると、レーザー脱毛は割高になります。

ニードル脱毛

電気絶縁針を利用した脱毛方法。毛穴に針を差し、電流を流すことで毛根壊す脱毛法です。古くからある脱毛法ですが、最近では光脱毛やレーザー脱毛などの方が多くなっています。
かなりの痛みがありますが、その分脱毛効果が高いです。
一般的に永久脱毛と呼ばれる脱毛法は、このニードル脱毛になります。

ワックス脱毛

脱毛したい部分に脱毛用のワックスを塗り勢い良く剥がすと、ワックスに粘着した毛が毛根から抜ける脱毛法です。除毛でみるのです。
しかしかなりの痛みを伴いますが、広範囲を一気に脱毛できるというメリットもあります。
別名ブラジリアンワックス脱毛。

埋没毛

皮膚の中に毛が埋まってしまう事です。毛抜きでの自己処理でよく起こります。
毛抜で毛を抜くことにより毛穴が痛んで傷になり、傷を皮膚が覆うことにより、皮膚の下で毛が成長してしまいます。黒いブツブツなどの黒ずみの原因にもなります。

アポクリン腺

ワキの下の皮膚の中に多く存在する汗腺です。「ワキガ」の原因になる匂いを出します。
ワキの脱毛により毛を減らす事で、ある程度の匂いの軽減はできると考えられています。

毛周期

毛には成長期、退行期、休止期といったサイクルがあります。このサイクルにそって抜け落ち、新しい毛が生えてきます。光脱毛では成長期の毛に光を照射しますので、全ての毛が成長期を経過するように3カ月おきに施術します。

ハイジニーナ

ハイジーン(衛生的)が由来の言葉です。V・I・Oラインなどのデリケートゾーンのムダ毛処理を済ませた女性の事を指します。V・I・Oラインの脱毛自体を指す事もあります。

全身脱毛

文字通り、全身の脱毛の事です。全身と言っても、脱毛サロンによって対応する部位に差がありますので、事前に確認が必要です。
全身となると時間も費用もかかりますので、最初はワキなど特定の部分だけ脱毛し、後から全身に切り替える方も多いようです。

回数保証

年間契約した場合に、決まった回数を使い切れない場合がありましたが、回数保証の場合は、保証された回数が必ず受ける事が出来るので安心です。

都度払い

脱毛サロンでは、年間契約か、回数契約の場合が多いです。しかし、一部のサロンでは、施術毎に支払いをする「都度払い」が出来る脱毛サロンも出てきました。回数契約をして、様子をみながら残りの回数を考えて、最後の方は都度払いにする事で節約に繋がります。